3月頃より、大口・多頻度割引を利用する、ETCコーポレートカードでの、高速道路料金制度の変更案内が国土交通省やNEXCOから出ています。
高速道路料金について(国土交通省HP)
大口・多頻度割引制度の概要(中日本高速道路HP)

情報の発信源が国交省だったり、NEXCOだったり、あるいはETCメーカだったりしたので、
私どもも、混乱しています。
そこで、私どもが普段利用しているコーポレートカードの会社やNEXCOにも、問い合わせながら確認した内容が以下の通りです。

変更内容を簡単に説明すると
・高速道路・一般有料道路の車両単位の割引率が下記の内容に変更になります。

月間利用額 変更後割引率 変更前割引率
5,000円までの部分 0% 0%
5,000円を超え10,000円までの部分 10% 20%
10,000円を超え30,000円までの部分 20% 30%
30,000円を超える部分 30% 40%

・大口・多頻度割引の割引制度が変更になります。
・割引率が下がるので、利用者が払う金額は増えることになります。
・1台あたり毎月高速道路の利用料金が10万円の場合、1万円支払いが増えます。
20万円の場合、2万円支払いが増えます。
・ただし、ETC2.0車載器を使えば、前と同じ割引率を利用することができます。
(激変緩和措置の割引率)
・実は、変更になったと言っても普通のETCでも、変更前の割引率が適用されているようです。(8月18日時点)
・NEXCO中日本に聞いたところ、いつ、新しい割引率に変わるかはわからないそうです(なんじゃそれ)
・激変緩和措置の割引率は2017年3月末までとなっています。
・ただし、日本経済新聞報道によると、1年間延長の方向で検討されているとのことです。

結論を言うと、「今までと同じ料金割引を受けたければ、ETC2.0に交換しなさい」
ということです。

これに合わせたように(絶対に合わせていますが)、NEXCOからETC2.0を購入すると1万円出しますよというキャンペーンが始まりました。
NEXCO ETC2.0車載器購入助成キャンペーン

対象は先着45万台!
申し込みはETCコーポレートカード取扱窓口経由です。
*ちなみに、ETCの助成キャンペーンは今までにも何度かありました。
この時の申し込みの窓口はETCセットアップ店がやっていました。
パソコンの操作で簡単にできたので、申請者(お客さん)には簡単なアンケートを書いてもらうだけ(それすらも、セットアップ店がやっていた)でした。
ETCの販売促進キャンペーンのようなものです。
今回、セットアップ店では、手続きは行いません。

これとは別に、ETCコーポレートカードを利用していない方にも10000円の助成キャンペーンがあります。
NEXCO ETC2.0車載器購入助成キャンペーン
対象は先着5万台 7月1日から始まっています。
こちらはセットアップ店で手続きが可能。
ETC2.0の購入金額から、助成分の1万円を引いてご請求をいたします。

さらに運送業者さんには、
全日本トラック協会からは1台4千円の助成 全日本トラック協会HP
各都道府県トラック協会からは4千円から6千円の助成 例 愛知県トラック協会HP
合計2万円前後の助成があります。

肝心なETC2.0車載器について
ETC2.0は以前はDSRCという名前で販売されていました。
いまでも、そのロゴが残っている機種もあります。
従来のETCと同じ通行料金の支払い機能に加え、
渋滞や道路状況などの情報を、高速道路上を走行中に受け取れる機能がウリ。
道路状況を考慮して、カーナビのルート案内ができることが目的でした。
なのでDSRC機はすべて、カーナビと連動。
DSRCが受信した情報をカーナビの画面で見ることができるようになっています。
(VICS情報の高機能版のようなかんじですね)

しかし、残念ながらDSRC機はあまり普及していません。
連携できるカーナビが少ないとか、
スマホがあるとか、いろいろな理由がありますが、
当社でも売れたのは、数える程度。
(1台は、某カーナビメーカの開発部署が、実験用に買っていきました)

せっかく、大規模な投資をしてインフラも用意したのに、
使わないわけにはいかない。という思惑が誰かに合ったのかわかりませんが、
名前を”ETC2.0”と従来のETCの新世代版に見えるように変えて、
(そういえば、ETCも一時期、”イーテックと呼んでください”とキャンペーンをやっていました)
普及させようとしているのが、今回の一連の流れではないかと思われます。

車載器も、カーナビ連動型以外に、単体で動作する機種が
デンソー、パナソニック、三菱電機、矢崎などから発売されています。

私の車にも、三菱電機のETC2.0車載器を取り付けてみました。

IMG_2132

ETC2.0車載器 レガシィに取付

高速道路で使ってみたところ、料金の支払いは今までと同じでした(当たり前ですが)
高速道路を走っていると、途中で、
「ここから先、一宮インターまで約50分、名古屋インターまで40分がかかっています。 以上」
音声合成で道路情報を案内してくれます。
便利と言えば便利。ただ、この機能だけだったら、ちょっともったいなくない?
と思わせる機能でした。

ETC2.0車載器のお値段は25000円から35000円程度。
これにセットアップ料金2800円(従来よりもちょっと高い)と取付料金が必要となります。
現在、ETCを利用している車であれば、こちらの撤去料金も必要です。
ざっと、全部で4万円程度(消費税別)です。

運送業者さんの場合、助成金も使えるので、実質負担は2万円ほど。
毎月の高速道路の利用金額が10万円ぐらいであれば、通行料金の差額から3ヶ月程度で
元が引けるはずです。
(というより、従来のを使っていると負担が増えます)

詳しいお話が知りたい方、
お見積もりが必要な方、
画面右上のお問い合わせから、ご連絡ください。

受領後、ご連絡をいたします。
(日本全国対応)