バッテリー屋でもバッテリーを交換できません

最近、2日続けて、朝マラソンをしています。
以前も何回か走りながらも三日坊主に終わったことがあるので、
いつまで続くか疑問ですが、朝6時頃から30分ほど走りました。

恵那市役所の近くを通り、阿木川公園まで行っています。
このあたり、昼間は車の往来も多いのですが、
朝6時頃は車もまばら。朝早く出勤する人や、学校に行く子供を送っていく親の車ぐらい。
信号待ちの車のエンジン音もあまり気になりません。
というか、アイドリングストップ車が多くなって、
信号待ちで車が停車すると、エンジンが切れてしまいます。

青信号になると、軽い、エンジンをかける音が響いて、去って行きます。
昔は、マニュアル車でクラッチの操作ミスをすると、エンジンが止まっていました。
デートでのエンストは男として見せたくない姿の一つ。
今や、それがエコ。時代は変わるものです。

さて、アイドリングストップの車にもバッテリーが付いています。
バッテリーはエンジンをかけるために必要なもの。
アイドリングストップ車は、普通の車よりもエンジンをかける回数が多いので、
専用のバッテリーを使用します。

バッテリーの性能としては、充電時間が早い、容量が大きい、長持ちするなど。

このバッテリー、恵那バッテリーでも販売していますが、
肝心の交換作業はできません。

というのは、アイドリングストップ車のコンピュータは、
何回エンジンをかけたかを記憶しています。
一定の回数を超えると、バッテリーがやばいから、もうエンジン切るのをやめとこ。
という設定になっています。

バッテリーを交換しても、この記憶が残っていると、
前のバッテリーのままだと勘違いして、エンジンを切るのをやめてしまいます。

これを防止するためには、コンピュータの記憶をリセットするのですが、
そのリセットのために、また別の専用装置が必要。
うちには、それに対応できる専用装置が無いので、リセットすることができません。

リセットは自動車ディーラーさんに行けば、やってくれます。

大変申し訳ありませんが、リセットだけは、
ディーラーさんにお願いしてください。

バッテリーは各種販売しています。
(一部在庫が無いものがあります)

Exif_JPEG_PICTURE

自動車用バッテリー

関連記事

コメントは利用できません。