世界で認められた整備士在籍

エンジンオイルの交換時期ってどれぐらい?

エンジンオイルは定期的な交換が必要です。
走行3000km?
走行5000km?
半年たったら?
いやいや車検毎で?・・などなど、人によってさまざまな考え方があるようです。

自分の車の使い方に合ったエンジンオイルの交換時期って一体どれくらいでしょうか?

 

【エンジンオイルはなぜ交換しないといけないの?】

なぜ、エンジンオイルを交換しなければいけないのか。
それは、使い続けることでエンジンオイルが劣化して、本来の性能を発揮できなくなるからです。

エンジンオイルの最も大きな役割は、エンジン内部の部品を潤滑させるはたらきです。
そのほかにも、エンジン内部をきれいにしたり、エンジンを冷却したり、
サビを防ぐなど、多くの役割を持っています。

エンジンオイルが劣化すると、これらの役割を果たせなくなってしまうのです。

エンジンオイルの劣化は、車に乗っていてもなかなか実感しにくいのですが、
おもな自覚症状として、
・燃費が悪くなる
・エンジンの音・振動が大きくなる
などがあるといわれています。

さらに劣化したエンジンオイルを使い続けると、エンジン内部に摩耗によるキズがつき、
燃焼圧力が漏れてパワーダウンするなど、深刻なダメージを受けます。

だからこそ、エンジンが壊れないように、定期的に新しいエンジンオイルに交換する必要があるのです。


【エンジンオイルが劣化する原因】
エンジンオイルが劣化する原因は、おもに以下2つの状況があげられます。

1.エンジンオイルの温度が高すぎる
エンジンオイルを劣化させる大きな原因のひとつに、高熱によるオイル成分の変化が挙げられます。
熱が逃げにくい真夏の渋滞走行などの状況では、エンジンオイルは取り込んだ熱を十分に放出することができず、だんだん高温になっていきます。

車種にもよりますが、走行時の適正なエンジンオイルの温度は、90℃~120℃といわれます。
過酷な使用状況が続くと、120℃を超えさらに高温になります。
一般的なエンジンオイルは、温度が130℃を超えると性能が一気に低下してしまうそうです。
そのため、エンジンオイルが高温になりやすい車ほど、オイルの劣化が早くなります。

2.エンジンオイルの温度が低すぎる
反対に、エンジンオイルの温度が低すぎるのも劣化の原因になります。
エンジンオイルが上がり切らないままでの使用は、130℃を超える高温と同じくらい、本来の性能を発揮できない厳しい状況なのです。

オイルの温度が低すぎる状況とは、例えば近所へ買い物に出るくらいの、いわゆる「チョイ乗り」です。
10分以内、5km以内などのチョイ乗りの多い車はオイルの劣化が早くなります。

目安は、車のメーターの中にある水温計です。
水温計の温度が上がらないうちに、車が止まってしまうような使い方が多い人は要注意です。
上の2つような使い方に当てはまる人は、交換時期を早めにしたほうがよいでしょう。


【いつ交換するか?】
オイル交換の時期については、前回のエンジンオイル交換からの
・期間
・走行距離
この2つによって判断する方法が一般的です。

いずれも有効な方法なのですが
一体どちらの方法がよいのでしょうか。

まず基本となるのは、自動車メーカーが指定する交換時期です。
(車の取扱い説明書や、ボンネットを開けると記載があります。)
車によって搭載されるエンジンの性能などが違うので、指定の交換時期もさまざまです。

ただし、メーカー指定の交換時期は、あくまで一般的な使用条件を前提にしたものなので、
先にあげた、高温下・低温下での使用が多い車は、交換時期を早めた方がよいでしょう。

特に注意が必要なのは、チョイ乗りが多い、街乗り中心の使い方をされる方です。
このような使い方をされる方は、特にエンジンオイルを気にしない方が多いと思われるのですが、
チョイ乗りこそが、実はオイルにとって一番つらい状況です。

また、走行距離が極端に少ない場合も注意が必要です。
例えば、メーカーのエンジンオイル指定交換時期が10,000kmの車の場合でも、
年間の走行距離が5000km未満というような乗り方だと、2年も無交換で行ける計算になります。

エンジンオイルは、車を使わなくても徐々に劣化して性能が悪くなります。
長くても1年くらい経ったら交換しましょう。


【エンジンオイル交換時期のメーカー指定】

自動車メーカの指定するエンジンオイル交換の時期については、
国産車の場合、
・ターボのないエンジンで10,000kmごとに交換
・ターボエンジンで5000kmごとに交換
と指定されることが多いようです。

ただ、ヨーロッパ車の場合はこの限りではありません。
メーカー指定のエンジンオイル交換時期が、20,000km・30,000kmとなっている車もあります。

国産車に比べると信じられないほど長いですね。
これは、各自動車メーカーの考え方やエンジンの設計、使用するオイルの違いによるものです。

こういった指定の車には、ロングライフ・ロングドレン対応などと呼ばれるエンジンオイルが使われます。
エンジンオイルを交換するときは、同様の性能を持ったエンジンオイルを使用しましょう。

ちなみに、これはエンジンオイルメーカーの方からうかがった話ですが、エンジンの性能を維持する上で、
一般的には、車の種類にかかわらず、5000km走行ごとのエンジンオイル交換が無難だそうです。


【オイル選びのポイント】

エンジンオイル選びの基準となるのは、各自動車メーカーで指定されているエンジンオイルです。
これを純正エンジンオイルといいます。
(純正エンジンオイルについては、ボンネットのステッカーもしくは車の取扱説明書に記載されています。)

純正エンジンオイルは、自動車メーカーがのその車にあわせて指定されています。
その純正エンジンオイルを使用していれば、問題は全くありません。

ただ、純正エンジンオイルは、同程度の市販エンジンオイルに比べて値段が高いことが多いようです。

また、スポーツ走行される場合、エンジンは一般走行より過酷な使い方をしますので、純正エンジンオイルの性能では、エンジンを守る役割を果たしきれません。

スポーツ走行については極端な例ですが、その車に合うエンジンオイルは、メーカー純正だけではありません。市販されているエンジンオイルの中にも純正と同じかそれ以上の性能を持つものもたくさんあります。


【エンジンオイル交換はこまめにするほどよいってホント?】

車が好きな方、こだわる方の中には、大切にしたいからといってこまめに交換したがる傾向があるようですが、
必要以上のエンジンオイル交換は、正直に言うとあまりおすすめできません。

車をいたわりたい気持ちはわかりますが、必要以上に消費するのは、
環境保護の観点からしても、あまり歓迎されることではありません。

とはいうものの、無交換のまま放っておいてエンジンが壊れたら・・・という思いもあるでしょうし、
やはり、痛い目にあう前にメンテナンスすることは大切です。

どうしようかな?と思ったら、「信頼できるプロに相談してみる」 というのもよいと思います。


【おすすめのエンジンオイル】

・買い物・通勤など、車の走行距離の少ない方
・渋滞中に運転することが多い方
・燃費が気になる方
におすすめのオイルをご紹介します。

MOTUL/モチュール社製 100%化学合成エンジンオイル
H-TECH100プラス 5W30 (エイチテック100プラス)

このMOTUL/モチュールエンジンオイル H-TECH100プラスは、
潤滑に適した成分のみで、不純物がほとんどゼロ。
エンジン内部をクリーンにし、スムーズなエンジン始動を約束します。
また、油膜が強いので夏の暑さや冬の寒さなど過酷な状況でもエンジンをしっかり守ります。

ところで、このMOTULというブランド、聞いたことが無い方も多いのではないでしょうか?
MOTULはフランスのメーカーで、設立は150年以上前の1853年。
当時は電灯用の燃料を製造していました。
現在はベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、ポルシェ等、欧州車の承認オイルに指定されています。
日本では、市販車をベースにしたレース 「SUPER GT」で、
ニッサン フェアレディZや、ホンダ NSXなどにオイルを提供中です。

 

まずは、お電話下さい TEL 0573-78-2688 9:00〜17:30 定休日:日、祝、毎月第2、4土曜日

PAGETOP
Copyright © 恵那バッテリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.