世界で認められた整備士在籍

無事故プログラム ドライブレコーダー車内カメラの映り方(乗用車)

無事故プログラムDRでは、オプションで車内カメラを追加することができます。

走行中の前方映像と同時に車内の様子を記録し、危険運転があったときのドライバーの運転方法を分析することができます。

車内カメラは設置する場所によって、映る内容に差が出ます。
目的に応じて、車内カメラの設置位置を決めてください。

映り方の参考となる事例を掲載します。
設置位置を決める際に参考にしてください。
(使用している写真は、カメラの映像を映したモニタを撮ったものです
ビューワーソフトで表示される、映像とは画質、色、画角とは同じではない場合があります)

トヨタ アクアで調べてみました。
※映り方は車種によって差があります。

①車内カメラの設置位置1 ルームミラー裏の運転席側に設置。フロントガラスに両面テープで固定
車内カメラの設置位置1の映り方。運転手と後部座席が映ります
Exif_JPEG_PICTURE
②車内カメラの設置位置2 ルームミラー近辺に衝突防止装置などがあり、設置できない場合の代替案です。ドライブレコーダー本体の下に両面テープで固定します。
車内カメラの設置位置2 ドライバーの姿は斜めからの記録。
Exif_JPEG_PICTURE
車内カメラの設置位置3  Aピラー(前方の柱)根元に設置します。ダッシュボードに両面テープで固定します
Exif_JPEG_PICTURE
車内カメラの設置位置3 運転手は確認できるが手元などは映らない。日中は太陽が映り込み、ハレーションで映像がとんでしまうこともありました。
Exif_JPEG_PICTURE

 

まずは、お電話下さい TEL 0573-78-2688 9:00〜17:30 定休日:日、祝、毎月第2、4土曜日

PAGETOP
Copyright © 恵那バッテリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.