一覧に戻る

新型ドライブレコーダーへの入替の案内

 

1.ご利用期間が長いユーザ様から、新しいドライブレコーダーに入替を行っていきます

 2018年10月より、無事故プログラムで使用するドライブレコーダーの新型Ver3がリリースされました。

 新型は最新の通信規格(4G/ LTE)に対応。
 カメラ性能の向上、記録方式の変更などにより、危険運転映像の解像度が向上しました。
 また、ドライブレコーダー自体の性能向上により、エンジンをかけた後の起動時間が短くなりました。
 従来、時間がかかったGPSの受信や通信の確立までの時間が短縮されています。
 車内を記録するカメラを本体に内蔵。車内の記録も可能です(別途、車内カメラ契約が必要)

 また、長期間の利用により、ドライブレコーダーの劣化、故障も今後考えられます。
 新型への入替を行い、安定したご利用が可能となります。

 現状の車載器のご利用期間が長いユーザ様から順次、入替のご案内を行っています。

2.新型ドライブレコーダーへの入替内容

 入替を行うのは、ドライブレコーダー本体、及びSDカード(16GB)です。
 電源ケーブル、車速ケーブル、取付ステーは現状のものを流用します。
 入替作業は専門の知識が無い方でもできる内容になっています。
 こちらでの案内は、ユーザ様自身で入替を行うこととしてご案内をします。

 入替作業を、チームドラレコにご依頼を希望する場合、
 別途、お問合せ窓口
 から、お問い合わせください

3.新型ドライブレコーダーへの入替についての注意事項

 ・入替に伴う期間は、1〜1.5ヶ月間程度を予定しています。
 ・入替期間中も、無事故プログラム、ドライブレコーダーのサービスが停止することはありません。
 ・入替作業は、ユーザ様自身で行います。作業にかかる時間は5分程度です。
 ・入替作業には、工具や道具、知識は必要ありません。
 ・入替に伴う費用のご負担はありません。
  (入替作業を専門業者に依頼される場合は別途、作業費が必要となります)
 ・新型のドライブレコーダーは車内カメラが内蔵。別置きの車内カメラは利用できなくなります。
 ・取り外したドライブレコーダーは返却が必要です。
 ・車内カメラをご契約、利用中の場合、車内カメラも取り外し、返却が必要です。
 ・ドライブレコーダー、車内カメラの取り外し後、1ヶ月以内に返却されない場合、紛失とみなされ、弁償が必要となります。
  ドライブレコーダー50,000円
  車内カメラ 18,000円
  日程的にご不安がある場合は、入替作業を延期することをご検討ください。

4.入替の流れ

入替は、次の流れで行っていきます。
1.チームドラレコより、担当者様宛にご案内メールが届きます。
 「無事故プログラム 新型ドライブレコーダー入替のご案内」という件名のメールが無事故プログラム担当者様宛に届きます。
 メールには、入替のスケジュール、手順などが記載されています。
2.マスターデータの更新を一時中止します。
  データの混乱を防止するために、マスターデータの更新を一時中止します。
  対象となるのは、無事故プログラムの「管理・登録」メニューで登録、設定を行う、
  ”全体管理者”
  ”グループ管理”
  ”場所候補”
  ”運行管理者”
  ”ドライバー管理”
  ”車両管理”
  ”車載器管理”
  ”車載器一括管理”
  ”車両アイコン管理”
3.内容確認用のファイル(エクセル形式)を確認します。
  マスターデータをエクセル形式にした、ファイルが届きます。
  
  ファイルの中身を確認して、
  入替を行うドライブレコーダーの選択、SDカードを用意するドライバーの選択と、
  入替用のドライブレコーダーの送り先(支社、支店、営業所など)の記入を行います。
  記入完了後、メールにファイルを添付して、送り元に返送します。
4.新型ドライブレコーダーが指定した送り先に届きます。
  新型ドライブレコーダーが下記の状態で届きます。

 

 箱には、企業名、グループ、車両ナンバー名、SDカードにドライバー名を記載されています。
 記載の内容にしたがって、新型ドライブレコーダーに入替を行います。

5.取り外したドライブレコーダーの返却をします。
  取り外したドライブレコーダーは梱包の上、同梱の送り状を貼り、ヤマト便で発送します。
  (送料は不要です)

5.新型ドライブレコーダーへの入替作業

 ドライブレコーダーをフロントガラスに設置している方を対象に、
 入替方法を映像にしました