一覧に戻る

会社の車にドラレコが付いた!。いったい何がわかっちゃう? その1

ある日、総務部からの一斉メールで

「来月より、社用車に順次ドライブレコーダーを装着していきます。

取付の予定日には、車の利用を控えるようにして下さい

ドライブレコーダーの利用方法については、後日、

案内のメールを各自に送ります」

とあった。

 

お昼に寄るコンビニの駐車場には、営業車とおぼしき車のほとんどにドラレコが付いている。

”うちの会社も、そろそろかな”とぼんやりと思っていたけど、

いざ、装着するとなるといろいろと気になることも・・・

 

”いったい、これで何がわかってしまうのだろう?”

が気になる。

 

車は普段、営業の仕事で、取引先に行くために利用。

一応、課で共有することになっているけど、

使っているのはほぼ自分。

記録されるのはほぼ自分の運転。

 

 

ネットで調べてみると企業が使う”業務用ドライブレコーダー”というものが見つかった。

ユピテル BU-DRHD431

説明によると、

「運転の映像がクリアに記録されます」

とのこと。

 

映像には、

”衝突などの衝撃を受けた前後20秒間を記録するイベント記録”と

”エンジンのON/OFFに連動する常時記録”

どちらも可能とある。

つまり、運転中の映像はすべて記録に残るということ。

 

さらに、”音声も記録”とある。

スマホで話していたり、

歌を歌ったりするのも記録に残るのか。

 

GPS機能で、走った走行ルートや、停まった場所や時間。

速度などもわかるらしい

あまり、寄り道はしないけど、

”コンビニに1時間いた”とか、わかるのはイヤだな。

 

高性能にもほどがある。

 

でも、この記録はドラレコに内蔵のSDカードに記録されるだけ。

これを総務部に出さなければ、行った場所も時間もわからない。

事故があった時の証拠だけでいいんじゃない?

 

そんな時、社内で噂が。

「今度付けるドラレコは、今いる場所がわかるらしい」

??