一覧に戻る

ながら運転罰則強化。ところでなにが、”ながら?”

令和元年12月1日に施行される改正道交法施工例では、

ながら運転について罰則や反則金、違反点数が厳罰化されます。

やめよう|運転中のスマートフォン・携帯電話等使用 警察庁ホームページ

 

2016年に愛知県で起きた、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」を操作していたトラック運転手に、

小学4年生(当時)の男の子がはねられて死亡した事故が、この厳罰化のきっかけになりました。

愛知・ポケGO事故2年 遺族「ながらスマホやめて」 日本経済新聞

 

走行中の車を見ていると、スマホの画面を見たり、操作をしながら運転をしている人が多くいます。

 

”ながら”はスマホだけではありません。

カーナビの操作、ラジオの操作、テレビやDVDを見ている人もいます

 

タバコを吸ったり、コーヒーを飲んだり、

パンを食べたり。

ハンバーガーを食べる強者も見たことがあります。

 

お仕事の伝票整理をしている人も多くいます。

運送会社の人は、次の配達先を確認しています。

 

朝、出勤途中のOLさんは化粧をしています。

 

子どもをあやすお母さんもいれば、

愛犬をヒザの上に置いて運転するお年寄りも多いです。

(ながら運転ではありませんが)

 

今回の厳罰化の対象は運転中のスマホや携帯電話の会話や操作。

伝票整理やお化粧は対象にはなりませんが、

”ながら運転”に変わりがないことは認識しておく必要があるでしょう。

 

時速60kmで走っていると、2秒間目を離しただけで、

33.3mも車が走ってしまいます。

 

道路の白線の長さは10m。

白線2本分よりももっと先まで、

前を見ずに走ってしまうのは恐ろしいことです。

 

最近の安全運転支援装置や一部のドライブレコーダーでは、

道路の白線を認識し、はみ出しそうになると音で警告するものあるので、

積極的に利用したいものです。

AI搭載ドライブレコーダーナウト

AI搭載ドライブレコーダー DeNA DRIVE CHART

BMW安全装備

メルセデスベンツ安全装備

トヨタ安全装備