一覧に戻る

会社の車にドラレコが付いた!。いったい何がわかっちゃう? その4。危険運転を通報

ドライブレコーダーが付いて1週間。

早くも、”効果”が出てしまった

 

取引先からの帰り、

右折をして細い路地から、通りに出ようとしたとき、

左から来る車ばかりを気にしていて、

右から来る車に気付くのが遅れてしまった。

 

あわてて、急ブレーキを踏み、

事故にはならなかったが、

フロントガラスに付いた、ドライブレコーダーから

「危険運転を検知しました」

と言うアナウンスが流れた。

 

”ちょっと、やっちゃったな!”

と思いながら会社に帰ると、総務部長からのメールが届いている。

 

中身を読むと、

「本日、危険運転があったと通知がありました。

運転は細心の注意を持って行ってください」とありました。

さらに、添付されたURLをクリックすると、

こんなものが出てきました

 

 

危なかった瞬間の時間と場所、速度が画像と一緒に出てきました。

冷静に見ると、確認不足だったことがよくわかります。

 

速度は出ていなかったので大事故にはならなさそうですが、

自転車やバイクが前を通ったらと思うと、

ぞっとします。

 

慣れた道だからといって、油断は禁物。

慣れた道だからこそ、慎重に運転しないと。

 

 

今日、自分の運転日報を確認すると

急ブレーキ回数が1回でした。

 

他がよかっただけに、

この1回が悔やまれます。

 

って、なんか、

運転に真剣に向き合うようになってきた。