一覧に戻る

道路を定点観測。今どきの車の乗り方

 

先日は交通安全週間と言うことで、

地域で最も交通量の多い交差点近くに立って、黄色い旗を振っていました。

 

45分ほどでしたが、普段、道路の定点観測をしながら、

興味深く、通り過ぎる車を見ていました。

 

・12月から、厳罰化された”ながら運転”
スマホを見ながら、あるいは通話しながらの運転は処罰の対象になります。
見た限り、スマホで通話をしているドライバーはいませんでした。

交差点で止まったときにスマホを操作している人は5人ほど。
青になって、車が進んでいるにもかかわらず、スマホの画面を見ている人も。

 

運転中に視線がちらちらと下を向く人もいました。
たぶん、スマホを見ているのでしょう

割合的には50台に1台ぐらいの感じです。

 

・車内でやっていること
・飲み物を飲む。
最近は水筒から飲んでいる人が多く、缶コーヒーを飲む人は確認できなかった。

(季節も関係あるかも)

・タバコを吸う。
火を付けるタバコを吸う人はほとんど見ませんでした。
代わりに電子タバコ(吸わないのでよくわかりません)が何人か。

・食べていたり、化粧をしている人はいませんでした。
・ドラレコの装着率は、見た感じ20〜30%ぐらい。
義務化じゃないのに、これだけの装着率はかなりすごいと思います。

 

・衝突防止装置
最近の車には衝突防止装置が付いていますが、全体からすれば装着車両は20%ぐらい?

 

・女性ドライバーの比率が半分以上?

子どもを学校まで送って行くであろう、お母さんも多くいました

 

・1人で乗っている車が90%ぐらい。

これが改善できれば、二酸化炭素の排出ガスが減ると思います。

 

でした。