一覧に戻る

自動ブレーキの装着が義務化されます

先日、2021年11月発売される国産車には

自動ブレーキの装着が義務づけされることになりました。

 

自動ブレーキは事故防止の効果が高いので、義務化はいい流れだと思います。

 

私は自動ブレーキ付きの車に8年、18万キロ乗っています。

今までに、自動ブレーキが作動して、車が止まったことはありません。
警告音が流れて、ブレーキがかかったのが、2、3回あります。

 

普通に運転するぐらいであれば、緊急的に自動ブレーキが作動する場面は

ほとんどないでしょう。

 

一方、前方車両追従機能はよく利用します。

これは、前方の車と一定の車間距離を保って、

一定速度で運転する機能。

 

前の車が遅くなれば、自分の車もスピードを落としますす、

スピードが速くなれば、設定した速度まで自動的に上がります。

 

信号待ちで止まれば、自動的に止まります。

一般道では使いにくいですが、高速道路ではとても便利。

運転が楽になり、疲れも減ります。

 

車間距離も一定なので、追突事故もなく、

本当にストレスなく運転ができます。

 

自動ブレーキよりも、前方車両追従機能の方が、

使い勝手がいいです。

 

でも、この機能、年配の方には理解が難しいようです。

私の母(70代)は一度も使ったことがありません。

説明しても、よくわからないようです。

 

これは、残念ですよね