一覧に戻る

自動車のオルタネータの修理

自動車には、電気がいろいろと使われています。
雨が降った日にはワイパーを動かしますし、
右折するときには、ウインカーを点滅させます。

車のエアコンも電気がないと動きません。

カーナビも電気で動きます。

自動車の中で使う電気は、バッテリーから供給されています。
しかし、バッテリーも供給ばかりでは、すぐにバッテリーが上がってしまいますので、
放電と同時に、充電も必要です。
この充電に必要なのが、オルタネータです。

オルタネータは、エンジンの力を使って、発電をします。
(電気を使って回るモータと逆ですね)

発電した電気をバッテリーに充電しています。
(非常に大雑把な説明ですが、この内容の趣旨に問題はありません)

オルタネータをまわすためには、エンジンの力が必要です。
エンジンの力を、オルタネータが使えば、エンジンのパワーが落ちたり、
燃費が悪くなります。

そこで、最近は充電の必要がないときは、オルタネータをまわさない、
”充電制御”が主流になっています。
これは、主に燃費向上に貢献します。

このオルタネータ。回転して発電するという構造上、
走行距離や、年数経過によって、
ブラシと呼ばれる部品などの摩耗や、
ダイオードの破損などが発生し、発電ができなくなることがあります。

発電ができなくなると、どうなるか?

充電ができなくなるので、間もなくバッテリーは上がり、
エンジンをかけることができなくなり、
車は動かなくなります。

バッテリーが上がっているので、キーをまわしても(スタートスイッチを押しても)、
うんともすんとも言いません。
そもそも、ロックも解除されません。

カーナビのメモリは停電保護されているものが多いですが、
昔であれば、登録したラジオの周波数がすべてなくなっていました。

ということで、オルタネータが故障するというのは大変なことです。
これを、予見するのはとても難しいですが、
バッテリーが上がった原因が、
”バッテリーの寿命だったのか?”
あるいは、
”オルタネータの故障なのか?”
を調べておくことは重要です。

オルタネータの故障の場合、バッテリーを新品に交換しても、
すぐにバッテリーが上がってしまいます。

恵那バッテリーでは、オルタネータを豊富に在庫しています。
故障時には、交換という形で対応しています。

オルタネータの交換であれば1時間程度ですので、
修理完了までに長い時間待ったり、代車に乗ったりする必要はありません。

オルタネータを交換するとき、新品を使うとかなり高い(10万円以上するものも)のですが、
当社では”リビルド品”と呼ばれる、再生品を基本的に使用しています。
再生品と言っても、外装はきれいですし、メーカの保証も付いています。

また、故障したオルタネータも、交換後、
故障した部品を取り替えて、また、利用できるようにします。(再生品になります)
この様な形で、部品を安く提供しながら、資源を無駄にしない取組を行っています。

オルタネータは、以前はダイナモと言っていました。
機能的には変わっていませんが、構造がずいぶんと変化しています。