一覧に戻る

車内カメラの設置場所と映り方 Ver2専用

無事故プログラムVer2では、追加カメラ契約を行うことで、車内を記録するカメラを利用することができます。
車内カメラの設置場所によって、どの様に映るかご案内します。

無事故プログラムDRでは、ドライブレコーダーで前方と同時に車内を記録できるカメラを接続して、
ドライバーや、車内の様子を記録することができます。

車内カメラは設置する場所によって、映り方に差があります。
映像を記録する対象によって、カメラの位置が変わります。

映り方の参考となる事例を掲載します。
設置位置を決める参考にしてください。

注1:使用している写真は、カメラの映像をモニタに映したものです。
パソコンのソフトに表示される映像と、同じでは無い場合があります。
注2:車内カメラの設置位置について、都道府県で基準が異なる場合があります。
注3:車種、年式によって取り付けできない場合があります。

①ルームミラー裏運転席側に車内カメラを設置。
①運転手と後部座席を記録
②ドライブレコーダー本体下に設置
②運転手の姿を斜めから記録
③Aピラーの根本に設置。
③運転手の手元は写らない
④トラックのフロントガラスに設置(ファイター)
④運転手の上半身、ハンドル操作を記録
⑤運転席の正面天井に設置
⑤運転手の上半身、ハンドル操作を記録