一覧に戻る

ドライブレコーダー取外し

無事故プログラムで使用するドライブレコーダーは、車の入替や廃車などで取り外しが必要になります

1.ドライブレコーダーの取外し

無事故プログラムDRの契約終了時に、ドライブレコーダーを取り外し、返却する必要があります。

2.ドライブレコーダー本体の取外し

ドライブレコーダー本体は、ケーブルを外し、取付ステーからスライドさせれば、簡単に外れます。

ドライブレコーダーの外し方(動画)

3.取付ステー、配線の取外し

取付ステーは非常に強力な両面テープで固定されています。専用のリムーバーなどを使って両面テープを剥がします。
ドライバーなど先の固いものを使用して剥がそうとすると、ガラスにキズが付くのでやめてください。

配線は、ダッシュボードの中で車の電源と接続されています。
はさみなどで、ケーブルを切ると(切断すると)、ケーブルの中でショート(短絡)が起こり、車に不具合が発生する可能性があります。(間違いなくヒューズは飛びます)
配線は接続している部分から1本ずつ切り離してください。