一覧に戻る

会社の車の運行管理。だれが担当?

ドライブレコーダーを社用車に導入!

パソコンやコピー機の導入と違い、ほとんどの会社にとってドライブレコーダーの導入は”初めて”のこと。
”富士通”、”DELL”、”canon”といった、よく知られているブランドもありませんし
出入りの業者さんがパンフレットを持ってくるわけでもありません。

「最近、社員の事故が多いから」とか、「テレビでドライブレコーダーのことをやっていたから」という感じでネット検索して、資料を取り寄せてみよう。
と言うところから始まっているようです。

会社にとって初めての取組は、総務や人事などの管理部門と担当する会社がほとんど。
社用車の管理業務をおこなっていることもあると思いますが、
”よくわからないことは、まずは管理部門へ”というのがどこの会社にもあるようです。

私も、会社員時代、蛍光灯が切れたからといって総務部に連絡していました。(一応、電気系の会社でエンジニアをやっていましたが)

そういえば、1990年代の中頃、世の中でパソコンブームとなったころ、私が勤めていた会社でも”業務にパソコンを使おう”という雰囲気になってきました。
(繰り返しますが、電気系の会社で、商品としてパソコンを売っている会社でもありました)
この時、私は名古屋の支店勤務でしたが、支店にはシステム部がなく、専門知識を持った人がいませんでした。

そこで、支店内で”プロジェクトチーム”を作り、各部署の管理職や、パソコンに詳しい人!(私も入っていました)を集めて、方向を決めていました。
プロジェクトの主導は総務、人事部署の担当者。
当時はパソコンの知識を持つ人はかなり少なかったので、業者さんに依存する部分も多くありました。
(その分、高い請求が来たと思います)

今の時点でのドライブレコーダーも同じようなものかなと思います。
運行管理や事故防止について、詳しい人が社内に何人もいる組織というのは、ほとんどないと思うので、
管理部門が主導して、業者さんと相談しながら進めていくことになるでしょう。
最近は、定額制でドライブレコーダーを使えるサービスも多いので、おどろくような費用請求もなくなりました。

それでも、導入したからには、ある程度使いこなさなければならないです。
データを見て、分析し、必要があればドライバーや上長に運転の改善を通知したり、警告をしなければなりません。

これだけで専門の人を配置するというわけではないでしょうから、
なにか、他のことを担当しながら(いくつも兼任しながら)の業務になります。

いつも、社内にいられる管理部門のことを、営業や企画の人はいろいろと言いますが、
彼らもけっこう大変だと理解してほしいものです。