一覧に戻る

バスを待つのってイヤですよね?

ほとんどの幼稚園では、園児を送迎するバスを走らせています。

 

毎朝、約30分ぐらいかけて、何人かの園児を迎えに行き、

同じように帰りも送っていきます。

(園児の体調のこともあるので、30分ぐらいに設定しているそうです)

 

バスには簡単な時刻表があって、

「**君の家には15時35分」とおおよその時間はわかるようになっていますが、

途中に渋滞もあれば、信号待ちもあります。

それに何よりも、相手は幼稚園児。

 

トイレが時間通りに終わらなかったり、お出かけの準備に時間がかかったり、

熱を出したり、機嫌が悪かったり

と時間通りになることのほうが珍しいとのこと。

 

最初の方に乗る子はまだしも、

後の方に乗る子はずいぶんと待たされることも。

雨の日、風の日、寒い日は最悪。体調も悪くなりそう。

 

一緒にいる園児の保護者も、

朝の忙しい時間に、いつ来るかわからないバスを待つのは苦痛でしかありません。

 

そこで、モークルが使われています。

モークルはLINEでバスの現在位置がわかります。

(”あと、何分で着く”とかは出ない)

 

バスの現在位置がわかれば、なんとなく

”もうすぐ、来るな”とか、

”まだ、時間がかかりそうだな”

と判断ができます。

 

時間がかかりそうだったら、ギリギリまで家にいることだってできますよね。

 

実際、採用した幼稚園の保護者さんにはよく利用いただいています。

 

 

これは、モークルを採用している幼稚園のモークルへの問合せ回数です

12月8日は日曜日だったので、利用はありませんでした。

 

このバスに登録している方は約80人

1人の方が1日に2,3回使っています。

こちらが実際の利用回数です。

 

モークルを採用した幼稚園では、

「保護者のストレスがずいぶん減った」

「幼稚園への問い合わせの電話が減って、職員が業務の負担が減った」

とのことです。