一覧に戻る

会社の車にドラレコが付いた!。いったい何がわかっちゃう? その6。なんか残業が減って早く帰る日が増えてきた

ドラレコが付いてから、なんだか気持ち悪いのが、

GPSで位置がわかってしまうこと。

 

運転中、今、走っている場所はわからないようだが、

エンジンを切った時に、位置情報が送られてしまう。

 

取引先に到着した時間、滞在した時間が日報に出てしまう

 

”どの道を通ったか”、も地図に表示されてしまう

 

自分の行動がまるわかりだ。

 

ちょっと前まで、

”今日は頑張ったから、お茶でも飲んでいこうか”

と自分にOKを出して、喫茶店に寄ったり、

”あまり早く会社に帰っても、定時までは時間があるし”

と、コンビニの駐車場で時間を潰したり、

ということもあった。

 

私なんて、かわいいもので

他の強者は、「場外馬券売り場に寄った」とか

「夜行くよりも、昼間の方が安くて、サービスがよい」というお店に行ったりしていた人もいたらしい。

 

それから、「明日、客先に直行するから」

と言って、会社の車で自宅に帰り、

私用で使っている人もいる。

 

”会社にこれだけ貢献しているのだから”

と思っているから、罪の意識なんてまるで無いのだが、

公私混同というより、軽い業務上の横領みたいなもの。

 

また、たちが悪いことに、

こういう習慣は、上から下へ、先輩から後輩に

受け継がれていく。

 

しかし、このドラレコが付いてからは、

みんな気持ち悪がって、そういったことはしなくなってきたようだ。

 

現に私は、取引先への訪問が終わったら、

寄り道もなく、会社に帰ってくる。

もちろん、眠いときや疲れたときは、

軽い休憩を取るが、

コンビニでコーヒーを買って、イートインでおやつでも食べれば、

リフレッシュ。

 

会社に戻る時間が早くなった分、

仕事が終わる時間も早くなった。

最近は遅くまで残業することもほぼなくなった。

 

ちょっとした”働き方改革”だ。

 

総務の知り合いに聞いたところ、

「行き先や滞在時間をチェックすることはほとんどない。

俺たちはそこまで暇じゃない」

とは言っていたけど、

危険運転のメールが飛んでくれば、チェックはするだろう。

その時、説明ができなかったら、困るのは自分だ。

 

見張られているようで、堅苦しいけど、

早く帰れるし、不正も減れば、

それはそれで、よかったかも