一覧に戻る

ながらスマホ運転の罰則強化 令和元年12月1日より

こんにちは。恵那バッテリーの山口功司です

 

令和元年12月1日から、運転中にスマートフォンや携帯電話を注視したり、操作する、いわゆる「ながら運転」の罰則が強化されます。

 

変更後は

・運転中の携帯使用(交通の危険) 1年以下の懲役 30万円以下の罰金
点数 6点
・運転中の携帯保持 6ヶ月以下の懲役 反則金1万8千円
点数 3点
参考  警察庁Web

 

私も以前、運転中に携帯電話で通話をしていたところを見つかり、

罰金を払ったことがあります。

 

携帯電話で話していると、前を見ているつもりでも、全然見えてなかったりするので危険です。

 

さらに、最近はスマホの画面注視の方が多かったりします。

運転中にちらちらと下を見ている人はスマホを見ているのではないでしょうか。

 

それから、運転中にナビの画面を見ている人も多いです。

おそらく、地図ではなく、テレビやDVDなどの動画を見ていると思いますが、

これも、ながら運転。とても危険です。

 

私は自分が運転する車にドライブレコーダーを付けています。

このドライブレコーダー、前方だけじゃなく、車内側にもレンズが付いていて、

ドライバーの様子も記録します。

 

さらに、ドライバーの視線の動きを見ていて、

スマホやナビの操作などで、視線を前方から3秒ほどそらすと、

警告音が鳴ります。

 

こんな感じ

 

お仕事の連絡などで、急いでスマホを見たり、会話をしたいこともあると思います。

しかし、これからは、ちょっと焦ったばかりに、免許停止などの大きな代償を払うことにもなりかねません。

 

急いでいても、スマホの操作や会話は

安全なところに車を止めてからにしましょう。